冬に寝つきが悪い方の改善方法

北習志野駅から徒歩12分

住宅街の中の本当に隠れちゃってるヘアサロン

オーナーの野口です

当店は綺麗な髪の毛を育むには

頭皮の健康、心身の健康が必要だと考えています

1人営業イス1台サロンですので

お電話にでれないことが多々あると思います

ネット予約か留守電に要件をいれていただければ

こちらからおかけ直しします

よろしくおねがいします


ぼくは全然寝つき悪くないので気にならなかったんですが

先日お客様との対話の中で

「最近寝つきが悪いんですよ~」と

言っていたので

解消法はないかと調べてみました

理由

冬は寒さで筋肉が緊張したり

血管が収縮して血流が悪くなり

眠りが浅くなります

寝床内の温度が低いと

交感神経の高まりや手足の末梢血管の収縮で

睡眠が妨害されます

寝る前にやってはいけないこと

暖房をつけたまま寝る

室内を乾燥させてしまいます

睡眠時は体温がさがります

暖房器具は自然な体温変化の妨げになり

かえって寝つきが悪くなります

室温は16~19度が快眠の温度ですので

寝る前にお部屋暖めとくといいと思います

寝る前にお風呂に入る

人間は寝る前から副交感神経が優位になり

体温を徐々に下げる事で眠りにつきます

寝る前にお風呂に入ると

布団の中で身体がほてってしまい眠りの妨げになります

お風呂は寝る1時間半前に入っておくと

眠りにつきやすくなります

靴下をはいて寝る

寒い時期でも足は汗をかきます

靴下をはいていると汗が冷えてしまい

逆効果です

靴下を履いたままだと、締め付けで血行が悪くなり

足の冷えにつながります

電気毛布をつけたまま寝る

電気毛布をつけたまま寝ると

体温が下がらず、熟睡できません

体温やけどの危険もあります

布団のかけすぎ

布団が重いと自然な寝返りのさまたげになり

睡眠の質が下がります

寝返りは睡眠中の血液の滞りを改善して

血流を良くしてくれます

掛布団は体重の10%くらいがいいです

日々、技術・知識は進歩します

前の書いた記事と違うと思う部分もあるかもしれませんが

それは古い考え方です(爆)

それではまた明日ー

まいぷれ船橋口コミ

ホットペッパー口コミ

お客様ご来店地域

東京都(大田区、渋谷区、江東区、江戸川区)

千葉県(船橋市、千葉市、松戸市、市川市、八千代市)

神奈川県

宮城県

ご来店ありがとうございますm(__)m


サロン情報

サロン名   styles hair✂living {スタイルス ヘア・リビング}


住所     千葉県船橋市習志野台2丁目33-9


TEL          070-6946-9409 (予約専用)

✉              noguchi.09041978@gmail.com (予約専用)


受付時間   10:00~  ご予約ご相談に応じて、まずはご連絡ください


駐車場    さとう鍼灸院・天清さんの間の道を入りまして、少し進んだところの角の

砂利駐車場の7番です


電車     東葉高速・新京成線 北習志野駅から徒歩10分


定休日    不定休 (講習・勉強会が入った時はお休みさせて頂く場合がございます・

月曜、火曜営業日もありますので、お気軽にご連絡ください)

ネット予約はこちらから

ネット予約はお客様が被らないように多目の時間で設定させて頂いてます

予約がうまっている時間でも、可能な場合がありますのでお電話よろしくおねがいします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする