ヘアダメージの原因のほとんどは美容室の施術方法です

北習志野駅から徒歩12分

住宅街の中の本当に隠れちゃってるヘアサロン

オーナーの野口です

当店は綺麗な髪の毛を育むには

頭皮の健康、心身の健康が必要だと考えています

1人営業イス1台サロンですので

お電話にでれないことが多々あると思います

ネット予約か留守電に要件をいれていただければ

こちらからおかけ直しします

よろしくおねがいします


こんな記事書いて周りからバッシングを受けそうですが

個人で運営しているブログですので

記事が消されたりすることはないので

ヘアダメージでお悩みの方を少しでも

減らせるようにと思っています

まず施術方法です

うちのカラーはほとんどリタッチ(根元)だけです

みなさん全部塗らなくちゃ綺麗にならないと思ってませんか?

毎回全部塗ってると元々の明るい部分が早く色が

抜けるようになってきてませんか?

それはダメージが進行していて、色素定着がしにくい髪に

なっているということですよ

昨今トリートメントを必ずつける風潮がありますが

トリートメントってただのコーティング剤ですよ

サロンの仕上がりと家での違いってここだと思うですよね

ですがトリートメントというのがサロンに蔓延してから

もう20年以上たっていますので

お気づきの方多いと思いますが

サロントリートメントであろうが

お家でやるトリートメントであろうが

持続性というものはないんです

トリートメントなんて実はいらない代物だと考えています

その時綺麗にしたいなら別ですけどね・・・

なぜトリートメントというものがサロンに普及したかというと

個人的見解ですが

カラー需要とカリスマ美容師ブームだと考えます

カラーダメージが当たり前になり

カリスマブームになり、なりたい若者が増えてサロンに

スタッフがあふれたので

手っ取り早く、リスクがなく、お金になるトリートメントが

普及したんだと思います

今じゃあそのころの若者の9割は違う仕事してますけどね(笑)

トリートメントの普及でパーマをかける人は減りました

これはトリートメントの皮膜でパーマが

かからなくなったのが原因だと思います

簡単な仕組みは

トリートメント普及で髪がコーティングされる

パーマがかかりづらくなるから強い薬剤をつかう

より髪が痛む

美容室でトリートメントする

アウトバスのオイルなどを美容室で進められて

ツヤツヤになる

時間がたてばトリートメントが落ちて家でまた

かかりにくくなるシャンプー・トリートメントを使う

ダブルで髪にコーティングしているので

余計にパーマがかかりにくくなる

同じく薬ではかからくなるので

もっと強い薬液を使う

余計ダメージするのでもっといろいろなものを使う

これのループです

最後は髪が痛み過ぎてビビリ毛というものができあがります

トリートメントが全てダメだと思いません

絡んだら使わないと切れ毛になり薄毛を増長させますので

絡んだら使えばいいと思います

家でのヘアケアだけがダメージを増長させているわけではないですよ

サロン施術がダメージ要因です

ヘアは生活の一部ですのでそれを踏まえ

ライフスタイルとヘアの共存を考えていきます

あくまで個人的見解です(笑)

日々、技術・知識は進歩します

前の書いた記事と違うと思う部分もあるかもしれませんが

それは古い考え方です(爆)

それではまた明日ー

まいぷれ船橋口コミ

ホットペッパー口コミ

お客様ご来店地域

東京都(大田区、渋谷区、江東区、江戸川区、足立区)

千葉県(船橋市、千葉市、松戸市、市川市、八千代市)

神奈川県

宮城県

ご来店ありがとうございますm(__)m


サロン情報

サロン名   styles hair✂living {スタイルス ヘア・リビング}


住所     千葉県船橋市習志野台2丁目33-9


TEL          070-6946-9409 (予約専用)

✉              noguchi.09041978@gmail.com (予約専用)


受付時間   10:00~  ご予約ご相談に応じて、まずはご連絡ください


駐車場    さとう鍼灸院・天清さんの間の道を入りまして、少し進んだところの角の

砂利駐車場の7番です


電車     東葉高速・新京成線 北習志野駅から徒歩10分


定休日    不定休 (講習・勉強会が入った時はお休みさせて頂く場合がございます・

月曜、火曜営業日もありますので、お気軽にご連絡ください)

ネット予約はこちらから

ネット予約はお客様が被らないように多目の時間で設定させて頂いてます

予約がうまっている時間でも、可能な場合がありますのでお電話よろしくおねがいします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする