髪がパサつく原因を調べてみました

北習志野駅から徒歩12分

住宅街の中の本当に隠れちゃってるサロン

髪だけじゃなくストレスのカットも目指すサロン

オーナースタイリストの野口です。


お盆休み真っ只中ですが

初めに休んでしまって

ちょっと後悔しております(爆)

さてパサつく原因です

どうせ髪のダメージでしょ?

と思っているかもしれませんが

その通りです(笑)

またあしたー


となってしまっては記事におこす意味がないので

詳しく書いていきます

th78IGJFV9

まずはパサつく原因から

ヘアカラーやパーマなどの施術による

酸・アルカリなどのケミカルダメージによって

髪の毛はタンパク変性を起こします

その結果、髪がダメージしパサパサ状態に。

キューティクルが損傷しているため

キューティクルの周りには

18-MEAというものがついています

これはキューティクル同士の接着剤の

役割や保護膜の役割をします

18-MEAはカラーで約80%

パーマで約50%失われると言います

シャンプー・ブラッシング・紫外線

ドライヤーでもはがれていきます

一度失われてしまった18-MEAは

自然に回復することは不可能です

その他に

紫外線

メラニンが破壊されて髪が赤茶ける

ドライヤーやコテをつかうことで

髪の内部ケラチンが破壊される

摩擦

シャンプーやカット・髪をかきあげるなどの

物理的ダメージ

乾燥

過度の乾燥でキューティクルが浮いてきて

剥がれる

水道水は約PH7・海水は約PH8

髪はPH4.5~5.5の弱酸性

水道水でも髪は膨張して軟化し

海水はさらに日光に当たったりするので

余計ダメージします

じゃあどうすればいいか?

そこで必要になってくるのが

脂質などの油分です

だからトリートメントやアウトバス系のものを

勧めるんですが

保湿に気を取られ過ぎて

皮膜毛(オイル毛)になります

お家でケアする場合

トリートメントやアウトバスは毛先だけにつける

お風呂からでたらすぐ髪をとかす

濡れたまま長時間放置せずすぐ乾かす

乾かす前に毛先にアウトバスをつけて乾かす

乾かすときは根元から

寝るときロングの方はお団子にする(摩擦を防ぐため)

ナイトキャップをする(枕の摩擦を防ぐ)

ヘアケアも難しいことはないので

上手く髪と付き合って

美髪を目指しましょうー

それではー

IMG_0416

久しぶりに(笑)


サロン情報

サロン名   styles hair✂living {スタイルス ヘア・リビング}


住所     千葉県船橋市習志野台2丁目33-9


TEL          070-6946-9409 (予約専用)

✉              noguchi.09041978@gmail.com (予約専用)


受付時間   10:00~  ご予約ご相談に応じて、まずはご連絡ください


駐車場    さとう鍼灸院・天清さんの間の道を入りまして、少し進んだところの角の

砂利駐車場の7番です


電車     東葉高速・新京成線 北習志野駅から徒歩10分


定休日    不定休 (講習・勉強会が入った時はお休みさせて頂く場合がございます・

月曜、火曜営業日もありますので、お気軽にご連絡ください)

ネット予約はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする