コテやヘアアイロンで出来るだけ髪を傷めない方法

北習志野駅から徒歩12分

住宅街の中の本当に隠れちゃってるサロン

髪だけじゃなくストレスのカットも目指すサロン

オーナースタイリストの野口です


家電量販店でも安価に買えるようになって

大分身近になってきてますよね

thEHTCNBPH

熱が加わることにより希望通りの

髪型になるので使用されてる方はおおいのではないでしょうか

過度の熱を加えてるのダメージは抑えられませんので

少しでも軽減できればと思い、調べてみました

基本的な考え方

①コテやヘアアイロンの温度は低いほどダメージは少ない

➁コテやヘアアイロンの接触時間も短時間ほどダメージは少ない

③髪の毛が湿っている状態で高温はかけない

根本的に

コテやアイロンの高熱から保護する

スタイリング剤はほぼ無い

どんな成分をつけようがアイロンの温度を

下げることができないからです

あくまでアイロンの滑りをよくするくらい。

アイロン温度に関していえば

ヘアスタイル・髪質・ダメージなどで

実際にやってみて1晩キープできる

温度を発見することです。

スタイリング剤や保護剤の選ぶポイントは

希望スタイルによって変わってきます

ストレートなどボワッと広がるのを抑えたい場合は

油分などが有効だと思いますが

逆にカールをだす場合は油分をつけすぎると重みになるので

ダレた感じになり、カールの持ちも悪くなります

これは油分だけではなく、ツヤを出す、髪の毛の栄養成分と

うたわれてるものの、ほとんどが重さになると

思っても過言ではないと思います

カールで考えるとこういった成分は

最小限にすべきで、逆にたくさんつけすぎると

アイロンを高温にして、時間も長くしないと

カールがつかなかったり、持ちが悪かったりして

余計髪を傷ましてしまいます。

適度な温度とスタイリングで

希望通りのヘアスタイルにー

それではまた明日ー


サロン情報

サロン名   styles hair✂living {スタイルス ヘア・リビング}


住所     千葉県船橋市習志野台2丁目33-9


TEL          070-6946-9409 (予約専用)

✉              noguchi.09041978@gmail.com (予約専用)


受付時間   10:00~  ご予約ご相談に応じて、まずはご連絡ください


駐車場    さとう鍼灸院・天清さんの間の道を入りまして、少し進んだところの角の

砂利駐車場の7番です


電車     東葉高速・新京成線 北習志野駅から徒歩10分


定休日    不定休 (講習・勉強会が入った時はお休みさせて頂く場合がございます・

月曜、火曜営業日もありますので、お気軽にご連絡ください)

ネット予約はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする