シャンプー時、頭のマッサージ方法

北習志野駅から徒歩12分

住宅街の中の本当に隠れちゃってるヘアサロン

オーナーの野口です

ヘアダメージの一番の原因はサロン施術です

美髪を作るには、しっかりとしたカウンセリングと施術が重要だと考えています。

1人営業イス1台サロンです

お電話にでれないことが多々あると思います

ネット予約か留守電にお名前、ご要件をいれていただければ

こちらからおかけ直しします

よろしくおねがいします


自粛ムードですからご自宅でのお時間が増えていると思いますが

逆に運動が少なくなってしまっているので、体の痛みを訴える方もいます

動かさないからなまるということですね

ぼくの専門は髪と頭ですのでご自宅時間が増えていると思いますので

ゆっくりお風呂タイムで血行を促進させることをお勧めします

その中で毎日されているシャンプー方法を簡単に説明していきます

順番

①鎖骨と脇の下のリンパ菅をほぐします。

お風呂に入る前に肩甲骨や首などをよく伸ばすと血行があがりやすいです

②髪の生え際のリンパ菅をほぐします。

シャンプーを泡立ててから母指球で顔を引き上げるようにすると

リフトアップ効果があります

シャンプーはこすると思われている方が多いと思いますが

こすると頭皮刺激。ダメージになり頭皮を傷つけてしまいます

それが頭皮炎症の原因にもなりかねませんので注意です

ぼくの営業中のシャンプーはこすりません

③耳の周りと首の付け根のリンパ菅をほぐします。

耳の周りはリンパ菅がたくさん集まっていますのでしっかりほぐしましょう。耳の周りや首の付け根のリンパが滞ってしまうと、頭痛や肩こり、眼精疲労の原因になります。

また猫の手で円を描くようにマッサージしましょう。

親指で首付け根を圧迫します。5秒から10秒ぐらい押しましょう。

④側頭部をマッサージします

こめかみ部分やハチ周りを円を描くようにマッサージしましょう。

側頭部のマッサージで、血行が改善され緊張が解れると、視界がクリアーになります。側頭部にある筋肉は表情筋を支えていますので、刺激を与えることで顔にも良い影響があります。ほうれい線を無くし、リフトアップの効果があります。

⑤前頭部と頭頂部のマッサージをします。

手を組んで、手の付け根で圧迫します。数秒圧をかけながら、一箇所を5回ほどマッサージします。前頭部から頭頂部、後頭部と順番にやっていきましょう。

頭頂部の真ん中、一番頭の先を指で押します。

頭頂部は筋肉がありませんから、自分で動くことができません。そのため、リンパが滞ってしまいがちです。マッサージによって改善しましょう。

⑥耳の周りから首筋へリンパを流していきます

リンパが流れやすい状態を作ったら、最後は排出していきます。またまた猫の手ですが、耳の周りを再度マッサージしましょう。

4年前に書いた記事を見直して少し修正をかけています

猫の手と書いてあるところは全て母指球です

難しく解説してありますが簡単な話

しっかり泡立ててリフトアップするように母指球で引き上げながら

頭皮をマッサージすればいいだけです(笑)

時間があるときにこのシャンプー方法をクセにすると

少しは首やお顔がリフトしますよ

気になる方はお試しください

日々、技術・知識は進歩します

前の書いた記事と違うと思う部分もあるかもしれませんが

それは古い考え方です(爆)

それではまた明日ー

ホットペッパー口コミ

お客様ご来店地域

東京都(大田区、渋谷区、江東区、江戸川区、足立区)

千葉県(船橋市、習志野市、千葉市、松戸市、市川市、八千代市、佐倉市、鎌ヶ谷市

、我孫子市、鴨川市、市原市)

神奈川県、宮城県、沖縄、京都、福島、愛知

ご来店ありがとうございますm(__)m


サロン情報

サロン名   styles hairliving {スタイルス ・ヘア・リビング}


住所     千葉県船橋市習志野台2丁目33-9


TEL          070-6946-9409 (予約専用)

noguchi.09041978@gmail.com (予約専用)


受付時間   10:00~  ご予約ご相談に応じて、まずはご連絡ください


駐車場    さとう鍼灸院・天清さんの間の道を入りまして、少し進んだところの角の

砂利駐車場,入って奥左から4番目です、わかりにくいですが看板が目印です


電車     東葉高速・新京成線 北習志野駅から徒歩10分


定休日    不定休 (講習・勉強会が入った時はお休みさせて頂く場合がございます・

月曜、火曜営業日もありますので、お気軽にご連絡ください

ネット予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする